第2章 バスの中の痴態。
おすず:目的地に着くまでの間かなり暇ですねぇ。
     となるとここは一つ・・・。
 ルナ:一つ?
おすず:あんたホントだめね、察しが悪すぎよっ!ぴしぃ!!
 ルナ:あぅぅん。ごめんなさい・・・。
おすず:暇つぶしはルナ虐めに決まってるでしょう!!
     ほらぁ、併走して走る車にオッパイ見せつけてやりなさいよぅ。
 ルナ:はぅぅ、恥ずかしいです・・・。
おすず:そんなこと言いながら嬉しそうじゃない。
     気が付いたら周りも破廉恥騒ぎ起こしてるわよ。
     ほら、あんたももっと見せつけてやりなさい。
 ルナ:くぅぅん。
     それではみなさん、この時の状況をお楽しみください。
     そしていつも通り大きい画像はパスワード入手のための会員登録が必要です。

前ページに戻